ミユさん、お久しぶりです。(((o(♡´▽`♡)o)))

最近、だんだんと進化を感じられてきた
秘行を眠る前に行っていて、
フト思い至ったことがあって
ミユさんにコメントをしようかと思いました。

私は、僧侶さんから座禅を習っていた事があって、
(無宗教ではありますが、禅の考えにはとても共感できるのです。)
弟子として禅の心得を色々と教わっていたのですが、

秘行は仏教で云う「空」という概念と被るなぁ~、と。

先日ミユさんも、秘行はブッダも行なっていたことだった!と書かれていましたよね。(*´˘`*)

空って、完全に「不動」で「静」で、絶対的に安心安全な世界。

そこから、常にちょこまか動き回る、変化する、
こう決めた!と言ったにもかかわらず
固定なんて全くせずにいつも変わり続ける、
自分というものを眺めている感覚なんですよね。

空 という、何もなく、絶対的に安心安全で
静かな領域から。

だからこそ、自分という我が子のような者が、どんなに
揺れ動いて、暴れ回って、騒ごうとも

不思議なくらい冷静で客観的に見ていられる。

果てには、慈しむ愛情まで生まれてくる。

ミユさんの仰る秘行って、そういう感覚のものですよね、、、、、?!