吉本ばななさんのツイート(なんとアメブロ始められたそう→ 「よしばな日々だもん」)から みゆさん という人の「自伝」が面白いらしいと知り、noteを読みに行ったら十数話以上あるシリーズを一気に読み終わってしまった。さらにそこから有料記事の「裏自伝」も読み、みゆさんのホロスコープを見たり、その自伝の内容の濃さに当てられて散歩したりしていたら 、夕方になっている。

みゆさんの「自伝」はこちら→ note の記事

これだけ詳しい自伝を読んだらホロスコープの読みがいもありそうだけど、読んで文章にするのはわりとエネルギー使うからその気になったら読みます。

で、今日はそれよりも、みゆさんがブログで「秘行」として公開している自己イメージ解放法が面白かったので、それについて。以下みゆさんのブログから引用です。

秘行のやり方

1・自分の中にある、思い込みをみつける

2・自分自身を、その思い込み通りの人として客観視する

3・どんな変化(感情の変化、視点の変化、気づき、体感の変化)が起きてくるのかを眺め、感じる

4・自由に自分自身と接することを楽しむ

 

引用終わり 詳しくはみゆさんのブログをぜひ読んで見てください。

ぼびおはつい先日、これと似たような、でも正反対の自己イメージ改善法を思いついて試していた。それは鏡で「自分のなりたい人格」が宿っている人だと思いながら自分を眺める、というもの。

みゆさんの方法との共通点は、自分を客観的に眺めるところ。違う点は、私の方法では「なりたい自分」にフォーカスするのに対して、みゆさんの方法では「自分の手放したい思い込み通りの自分」をイメージするということ。これが効く!!試してみると、すぐに瞑想状態に入りました。歩いていても,すぐ入れる。

まずはじめに「お金を使ってばかりで生活力のないニートなパートナー」として,自分を彼女の視点から眺めてみた。

すると,自分のなかで何かがいごいごと動くのが感じられる。うまく言えないけど、これが面白い。なんかクセになる。

あんまり面白いからほかにも試してみました。

今週はタイにいるのですが、歩きながらすれ違った人に「今この人にこんな風に思われている気がする」というのが浮かんだら、すぐさま秘行。

「この女なら何か失礼なことをしても怒らなさそうだ」

「日本人ならだまして金を高く取ろう」

「この庶民め」

と自分をもうひとりの視点で眺めてみる。

わりと自己イメージは高くなってきた方だと思ってたけど、まだまだ低かったということがよくわかる。そして、このワークをやればやるほど自信と落ち着きが自然に湧いてきて、自己イメージが高くなるというよりも、感覚がニュートラルになっていくのを感じました。感覚をじっと見つめていると、消える、という法則だね。

松村先生のタロット道をやる前に、これをやれっていうことなんだ。だからこのタイミングで出会ったんだ、と解釈しました。

 

Bobioさんのブログ

https://bobio8.com/zen-wakusei-ishiki